緑のすごさ

今年もまた猛暑に苦戦しているわけで、、、

体が気温の変化や風などにとても敏感になっています。

少しでも涼しいところを探せ!てなわけで笑。

引っ越してきて20年以上、安曇野は本当に暑くなった。

・田んぼが減った(水の入った田んぼは天然クーラーね)

・田んぼを埋め立て新しい家がたくさん建った(新しい家には木がない)

・アスファルト率が高くなった(アスファルトはほんとにあっつい!)

も気温上昇の一因だと思う。

埼玉の実家は築42年。

近隣の家も敷地には相当年数の大きな木々があり、実家一角の緑率は高い。

帰ってきて角を曲がると、その緑の多さに思わずにんまりしてしまう笑。

風は気温差で生まれるので、実家は木々の間を通って時折涼しい風が吹く。

今回の台風一過の気温は38℃予想で、34℃予想の安曇野とどっちで過ごすかすごく迷ったけど(笑)、緑の多さから埼玉でやりすごすことを選んでみた。

緑色が視覚に訴える涼しさもあなどれない。体が潤う感じがする。

人は緑から離れては生きられないのよ!

って某有名アニメみたいなこと言いたくなる笑(あれは「土から離れて」だったけど)。

緑はすごい。

自然は快適な環境をちゃんと与えてくれている。

人は、余計なことをして、その快適な環境を自ら無くしてしまっている気がする。

田んぼがなくなっても、水路に水を流してその涼を楽しんだらいい。

もっと木を大きく育てて、その木陰の恩恵に与ったらいい。

緑陰が生み出す風の心地よさを楽しんだらいい。

ほんと、もっと自然に寄り添って、都市計画を見直すべきだと思う。

あ、ちなみに小谷はね、圧倒的な緑&雪国ならではの水気の多い土地柄から、夏でも快適。

心も体も潤うよ♪

おたり森林セラピーにぜひ遊びに来てください!

 

 

 

「早朝癒やしの森・森林セラピー体験」やってます!

「早朝癒やしの森・森林セラピー体験」やってます!

場所はコルチナウッドチップロード、ホテルグリーンプラザ白馬のすぐ近くです。

8月は、3(土)、4(日)、10(土)、11(日)、12(月)、13(火)、14(水)、15(木)、16(金)、17(土)、18(日)の11日間実施します!

小谷の朝の爽やかな空気の中で、森林セラピーを体験してみませんか?

詳しくはこちらをご覧下さい

皆さまのお越しをお待ちしております!

私の新しい森林セラピー

森の深さを感じたく思ってたら、森作りの達人と知り合いました。

この時期はキハダ剥ぎをしていて、誘われ体験をして来ました。

大変でしたが感動が有りました✨

今までキハダの破片しか見た事なかったのですが、、、

黒っぽいコルクの様な外側を剥ぎ中には

驚く様な新鮮な黄色い皮7ミリ位かなそれを剥ぐと綺麗なスベスベな中木が有りました。

黄色い皮が薬草黄柏(オウハク)と言って、腸の殺菌、胃の薬に効く。昔からの薬草です。

森の中で作業する事がとても良かった✨

私の新しい森林セラピーでした。

森でのおしゃべり、本読み、ティータイムそんな森が、、楽しみ

20190729_01

たくさんお越しいただきました

関西よりお越しの団体のお客様を森林セラピー@鎌池へご案内。

やや年齢が高めだったので、鎌池一周できるかな?森林セラピーご理解いただけるかな??と気を揉みましたが、杞憂に終わりました。

みなさんゆっくりとしたペースで鎌池の周遊を楽しみ、森の中でのお昼寝を楽しみ、森林セラピーについてもよく理解して下さいました。

終わってから、いかがでしたか?とお尋ねしたら、

とてもよかった、気持ちよかった、爽やかだった、体が軽くなった等々嬉しい反応。
そしてそして、腕の腫れが引いた、とおっしゃった方もいました。

森のチカラを借りて、自分の治すチカラが働いたんですね。素晴らしい♪

200190721_01 20190721_02

 

梅雨明けず

今年はなかなか梅雨が明けず・・・

ちょー幸せ(笑)!!!

いやーだって涼しいんだもん。
昨年の猛暑ほんとに苦しかったからね~苦笑
(気象庁が「災害級」って言ったもん笑)
それに比べたらなんて快適なの~♪

 

さて、なかなか梅雨が明けないので、
雨の中を歩く機会が多くなっています。

昔は濡れるの大っっっ嫌いでしたが、
今はそんなに悪くないと思っています。
(森の中ならね。山の稜線はNG)

昨日も延々6時間くらい雨の中を歩いていました。

なんとなく心も体も潤うのね。
木々も潤うから、なんだか森全体が嬉しそうだし。
雨に濡れた緑はとてもとてもきれいだし。
雨の音を聴いてると落ち着くし。

個人的にはこのまま秋になってくれちゃってもいいなー♪
なんて思っていますが、太陽光不足でモヤシになっちゃうかな!?

 

 

 

草刈りの季節になりまして

草刈りの季節になりまして、どこへ行ってもあっちでもこっちでも電動草刈り機の音が響いています。

が、私あの音嫌いでね~苦笑。

登山道整備で実際自分も使ったことありますが、何でもかんでも一律になぎ倒すって感じでね、何だかとっても暴力的に思えるんです。

効率の観点から考えたら、何言ってんだってことになるんでしょうが、、、

先日のウッドチップロード植物保護活動作業も、その一律なぎ倒しから山野草を守ろうという試みだったわけです。

で、何が言いたいかというと。

先日、別の仕事の研修で木曽路を歩いてきたのですが、与川というところを歩いていた時に、86歳だと言うおじいさんが、ちょっと長めの鎌を研いでいるのに出会いました。

電動の草刈り機も使うけど、斜面の急なところや山野草なんかがあるところはこれの方がいいかなと思って、、、とまさに植物保護活動を地で行く発言。

その土地は、山深い静かな集落で、辺り一面緑色、山からいい風が吹いて、時が止まったかのようなところでした(小谷の山村にもどこか似ていた)。

その景色の中でゆっくりと鎌を研ぐおじいさん。お肌がつやつやで血色もとてもよく、柔和な笑みをたたえて昔話を聞かせてくれました。

草刈りはするけれど、日々の楽しみになるような草花は残して草を刈ろうかな、という時間や気持ちのゆとり、そして優しさ。

不便かもしれないけれどよい環境で、よい暮らしをし、よい心持ちをしておられるであろうことがその言葉や姿から見て取れました。

ああよきかなよきかな。古きよき日本がまだここにある。

古きよき日本は、生活の全てが森林セラピーだったかもしれない笑。

 

 

 

ぶな一年生に会いました♪

鎌池に研修に行って、ぶなの「実生(みしょう)」にたくさん会いました。

ぶなの実生は、ぶな一年生です。
(厳密に言うと、ぶな0歳児かな、笑)

昨秋地面に落ちた実が、雪のおふとんの下で冬を越え、
遅い雪融けを待って、ようやく芽を出したわけです。

ぶなが初めて実をつけるのは、地面に根をおろしてから50年後で、
5年に1度しか実をつけないんだとか。
(貴重な対面機会だったわけだ~笑)

まず最初に濃い緑の双葉が顔を出す。
なかには茶色い殻の帽子をかぶったままのものもいます。

双葉が揃ったら、真ん中からマッチ棒みたいなのが
みょーんと伸びて来て、 それが開くと本葉2枚。
この本葉は、ぶなの葉っぱの色。

地上にはじめて顔を出した一年目は、それでおしまい。

ちゃんと黄葉・落葉して、 また冬を越えます。

この時期たくさんの実生が出揃いますが、
この中で大きくなれるのはほんとにほんとにわずか。

それでもがんばれ、実生たち!!

それにしても5年に一度か~知らなかった。
森によって違うのだろうか。
少なくとも鎌池で次に実生たちに会えるのは5年後ってことですよ。
感慨深い・・・。

研修のため時間がなく、鎌池の実生の写真は撮れませんでした。
↓これは他の森の今年の実生ですが、、、かわいいでしょ♪

20190611

 

 

 

 

 

「データで知ろう!森林セラピー」研修

1泊2日の企画プラン
「データで知ろう!森林セラピー」
の研修を行いました。

この企画は、

・簡単なデータ測定を行い、都市部(松本駅前)と森林部(小谷村)でのご自身の体の変化を知っていただく

・都市部(松本駅前)から森林部(小谷村)の車窓の眺めの変化を楽しんでいただく

ことを目的にしています。

「データで知ろう!森林セラピー」の詳細はこちら(通年受付)

 

今回の研修は、3名で実施しました。

時にガイド役、お客さま役、と入れ替わって、プランの目的を学び、流れを体験していきます。

↓コントのようなやりとりを繰り広げる2人(笑)。

20190529_01 20190529_02

一緒になって研修することで、新しい視点を知ったり、今後よりよくするためのアイディアを得ることができ、有意義な時間となりました。

そして、プランの一部となっている松本から小谷の電車移動。
流れゆく車窓の眺めに、圧倒的な緑の輝きに、
慣れているはずのガイドの私達でさえ、とーっても癒されてしまうのでした。

20190529_03 20190529_04

みなさんにもぜひ体験してほしい!!

おたり森林セラピー基地ガイド一同、みなさまのお越しをお待ちしております♪

塩の道で

小谷 塩の道で、今

タニウツギ、サンカヨウ、ニリンソウ

が満開です。

6月の新緑と可愛い花で、

塩の道歩きでしたが、森林セラピーをして来ました。

時間があったら、もっとゆっくり歩いて来たかったです。

 

20190608_01 20190608_02 20190608_03 20190608_04 20190608_05